あなたは古典調整法をより臨床で使うための
フォローセミナーがあったことは知っていますか?

実は、このセミナーは熊谷剛が講師として
過去にたった1度だけ開催したセミナーです。


そこに参加した先生が抱える悩みの多くは
使い方やテクニック的なものではなく
臨床でどう活かすのか?というものでした。

古典調整法を臨床で使っていると、
こうした悩みを抱くケースが多くなります。
あなたももしかしたら同じように
1つでも当てはまる悩みがあったかもしれません。
もし、1つでも当てはまったなら5分だけ時間をください。
そして、この手紙を最後まで読んでください。

何故なら、古典調整法は単独で使ったとしても
他の技術と組み合わせても効果のある技術だからです。

古典調整法を臨床で使いこなせるようになることで
あなたは、短時間の施術で患者さんの症状をその場で変化させ

あなたの元にやってきた患者さんに感謝され続ける結果として治療院の売上を上げることができるようになるからです。

古典調整法は「どこを治療すれば体が回復するのか?」 という治療ポイントを的確に押さえることのできる技術です。

治療院業界は、多くの治療技術が存在し
未だにその数は増え続けている傾向にあります。

治療家は職人職なのでテクニックを求めるのは当然です。

しかしその中でも
・患者さんに健康という価値を提供する
・治療院の利益を生み出すことを可能にする


この2つを同時に得られる技術はどのくらいありますか?

症状を改善することが健康ではありません。
痛みを取ることが健康ではありません。
筋肉を緩和させることが健康ではありません。


そのことを忘れ技術ばかりに目を取られているなら
もう一度、治療家としての原点を思い出してください。
そして、そうした原点に位置する1つの技術が
古典調整法です。

それは、

こうした負のループを作り上げてしまい
せっかく患者さんの症状の核から改善できる可能性を
潰してしまうかもしれない。
ということです。

これでは、治療技術のノウハウコレクターと
何も変わらなくなってしまいます。

今のあなたはどうでしょうか?

この言葉をあなたは覚えていますか?
そして、この言葉の真意をあなたは知っていますか?

この言葉の真意とは・・・

「症状が改善する治療ポイントを正確に治療できているか」

たったこれだけです。
そして、これこそが重要であることを意味しています。

つまり、臨床において施術をする際に症状のある箇所に対し
その症状を追って治療をすることに意味はありません。

それよりも

● どこがどのように影響をし症状を引き起こしているのか
● 根本原因を改善する治療ポイントを臨床の現場で治療する

この2つのポイントが全てです。

『いきなり人の体が悪くなる』

なんてことは普通はありえないですよね。
痛みや違和感など、症状が発生するには、
必ずどこかに原因があります。

それは熊谷の伝えている治療哲学でも説明することができます。

もともと正常な体とは歪みを発生させることで
理想の体のバランスを補っています。

それが、何かしらの原因でバランスが崩れ
他の箇所が補正を加えることで負荷がかかり
そうした小さな積み重ねが増え続けることで
体の表面に様々な症状を引き起こします。

そこでもし、

どちらのケースが患者さんの症状を改善することができるか、
あなたなら考えることなくわかると思います。

根本原因を改善するための治療ポイントを見つける「検査スキル」治療ポイントをその場で正確に治療する「治療スキル」

この2つを同時に習得できるのが古典調整法でした。
が、冒頭でもお伝えしたように

スキルを学んだとしても、次の悩みや課題が出てきます。
それは間違ったことではなく、正しいことです。

そうした行動したからこそ出てくる次の課題を解決し、
より臨床で使いこなし利益に繋げるための方法を伝えたセミナー

それが「古典調整法フォローセミナー」でした。

このセミナーは今後もう2度と開催することはありません。
しかし、1回の内容は実に深く、

「なんとなくわかった」というレベルではなく
「感覚を言葉として理解できる」というレベルまで落とし混んでいます。

患者さんの抱える症状の原因んを見つける『検査法』を中心に解説し
古典調整法を使いこなすためのポイントを徹底的に実演&解説しています。

多くの先生が悩まれている『感覚・力加減・ベクトル』について、
『どこに』注目して『どのように』検査していけば良いのか?

フォローセミナーに参加された先生たちの、
リアルな悩みに答えながら熊谷自身が解説しています。

Diac1の一部をお見せすると・・・

  • 古典調整法を使う上での『感覚・イメージ』に対するマインドセット
  • 臨床時、頭部の動きから牽引の力加減を判断する方法
  • 熊谷も実践してきた、臨床現場での牽引検査の練習方法
  • どうすれば熊谷のように1秒で変化を起こせるようになるのか?
  • 引っかかりと誤診しやすい“反射”とその見極め方法とは?

という内容をお伝えしています。
そしてDISC1の前半と後半に、熊谷自身によるデモンストレーションが収録。

前半デモ内容:臨床における実践的検査のデモンストレーション
後半デモ内容:検査から古典調整法を使った施術までのデモンストレーション

臨床現場で熊谷が
「どのような検査の流れで」「どのようなことを考えて」施術しているのか?
デモンストレーションから具体的に学ぶことができます。

フォローセミナーに実際に参加された先生方の臨床現場でのリアルな悩み、
それらを熊谷が1つづつ具体的に古典調整法の使い方や使うポイントを
解説しています。

DVD後半のフリーの練習風景のパートがあるのですが、
ここでは臨床上使える様々なテクニックを解説しています。

1:古典調整法の症状別・部位別の使い方
2:患者さんへの治療効果の伝え方
3:治療技術レベルを引き上げる練習法や必要な考え方

この3つのポイントとあなたが現場で感じている悩みを擦り合わせながら DVDをみることで、現在よりも治療家としての治療レベルが向上するヒン トが数多く収録されています。

Disk2の一部をお見せすると・・・

  • 臨床の中で、自律神経系の異常と回復を判断する指標
  • 五十肩を治療する時に確認するべき3つの部位
  • 脊柱の椎間関節と椎間板の検査と調整の違い
  • 手根骨・足根骨の調整が上手くいかない理由と対処法
  • 治療後、患者さんから“だるくなった”と言われる理由と対処法
  • 急性期の捻挫の際、患者さんにアフターフォローで伝えるべきこと
  • 患者さんの痛みを使って症状の原因部位を検査する方法
  • ペットボトルで練習できる力加減の感覚と圧力の基準値とは?
  • 臨床の限られた時間内で根本原因を効果的に見つける方法とは?
  • 臨床を重ねるごとに治療技術を引き上げるためのマインドセット

上記の内容以外にも、ここでは紹介しきれないほど
多くの臨床で使える知識・スキル・マインドセットについてを
シンプルにわかりやすくお伝えしています。

講師プロフィール
熊谷 剛


鍼灸師
株式会社クワトロハート 代表取締役
一般社団法人疲労回復協会 会長


日本中の治療家が集まりこれまでに延べ5,000人以上の治療家に自身が開発した治療技術と経営ノウハウを提供し続ける。


その中でも、誰でも短時間で施術による変化を出すことができる技術の体系化と治療院ノウハウを誰でも簡単に使えるように仕組化したシステムは、全国の治療化の先生からも絶対的な信頼を得続け、現役の治療家として業界内外からゴッドハンドと呼ばれる。


自身が開発した治療技術による身体へ起こる変化、方法論だけではない理論付けされた技術に同じ治療家から評価を得続ける一方では現役の治療家/経営者として2010年12月に東京都西東京市ひばりヶ丘にて、第1店舗目「こころ整体院(現:ここらぼ整体院)」を開業する。その後3年に池袋・新宿・銀座・本郷に店舗展開を行う。


開業当初はスタッフの売上が作れないことや、新患からのリピートが取れないという問題や課題に苦労をし続ける。 その後、スタッフにより技術力の差があり、治せる治療家と治せない治療家との差に苦悩をすることとなる。


そうした問題を解決したのが、2012年のこと、新人スタッフであってもリピート率90%以上を出し続ける治療技術と経営の仕組を作り上げ、同時に全国の治療家に自身の技術と経営ノウハウを伝えるための組織を作る。技術を伝える「一般社団法人疲労回復協会」と経営サポートを行う「けんこうラボ」という2つの活動を通じて治療院業界を牽引する一人となっている。

急性外傷すらもその場で
回復させることができます

結果、患者さんに驚きと感動を与えることができ、そこから紹介や口コミ に繋がります。そうなることで治療院の売上アップに繋げることができます

原因を特定しながら時短になる

つまり、焦らず治療ができるようになり、患者さんに信頼感や安心感を 与えられます。そうすることでリピート率も上がり、利益拡大へ繋げる ことができます。

検査ミスが減り治療精度が上がる

短い時間で治療結果を出せるようになるので、ベッドの回転率も上がり、 予約のコントロールもやりやすくなり時間にゆとりが持てるようになります。

自費メニューとしてすぐに使える

即刻性のある技術なので、自費治療のメニューとしてもすぐに 使うことができます。今後のことを考えると理想的な治療院経営に 繋がります。

あなたの治療スキル
上げ続けることができます

探す感覚と治す感覚を磨くことができるようになるので、 古典調整法以外のテクニックでも思いのまま操れるようになります。

これまで、熊谷が講師のDVDは29,800円~39,800円と
正直、安くはありませんでした。

それというのも、内容と得られる結果に
それだけの価値があるからです。

前作の古典調整法に関しては39,800円という金額でした。
なので、今回のフォローセミナーDVDについても
臨床編と考えれば同じくらいの金額で出そうと考えました。

しかし、このDVDを作った理由は
「一人でも多くの先生に手にとってもらい
 古典調整法を臨床で使いこなしてほしい」
という想いからです。

そうした経緯のもと、今回
古典調整法フォローセミナーDVDの販売価格は
24,800円と決めました。

古典調整法を手に入れているなら
このフォローセミナーを見ることで
臨床で使うことの楽しさとその効果の凄さを
改めて実感してもらえるでしょう。


 P S

実は最後にもう1つお伝えしたいことがありました。

それは、古典調整法フォローセミナーDVDは
よくある治療技術DVDとは違うということです。

「所詮DVDでは感覚や力加減なんてわからない」

このように考えたことはありませんか?
もしかしたら、今でもそう思っていませんか?

その気持ちはよくわかります。

DVDではどうしても直接学ぶよりも
感覚や力加減を伝えるのは難しいものです。

しかし、この古典調整法フォローセミナーDVDの中で
熊谷が感覚に対するマインドセットを伝えています。

「感覚をつかむ方法なんて存在しない」

言葉だけを聞くと意味がわからないかもしれません。
しかし、このマインドセットが理解できると、
DVDから感覚や力加減の質を学ぶことができるようになります。


そして、古典調整法の治療効果はもちろん、
あなたの治療レベルが加速的に向上し
臨床でより成果を出せる治療家になれます。

あなたにも是非、このマインドセットを手に入れてもらい
これからの治療家人生をより深く楽しんでもらいたい
心からそう願っています。