雑誌や書籍など多数メディアでも話題のテクニック!

「先生、、、まだ痛いんですけど」
もうこんな言葉に怯えるのとは終わりにしましょう。わずか3Stepで患者さんも気づかなかった根本原因を発見して最速で治す。
”凄腕治療家養成プログラム”参加者募集 「先生、、、まだ痛いんですけど」
もうこんな言葉に怯えるのとは終わりにしましょう。わずか3Stepで患者さんも気づかなかった根本原因を発見して最速で治す。
”凄腕治療家養成プログラム”参加者募集
まずは、凄腕治療家養成プログラムを学んだ治療家の声をお聞きください まずは、凄腕治療家養成プログラムを学んだ治療家の声をお聞きください
林晴敏先生 イメージ写真

以前はどこまで施術したらよいか、やろうと思ったら終わりのない様に感じる患者さんに対して、施術効果を自信をもって見せられるようになり、施術の目途がつくようになった。

上原哲也先生 上原哲也先生

今まではただ治療をしていたが、入会してからは、まず痛みについての理論が理解できて、技術も理論に基づいているのでなんの目的でやっているのかが分かるようになり、治療中の迷いが少なくなってきました。


羽山佳佑先生 羽山佳佑先生

理論や考え方を学んでどういう感じで治っていくのかが何となくでもわかってくると気持ちの面ですごく楽になりました。 施術時間が短時間になったことで自分の体もらくに。 あとは技術レベルが上がってゴッドハンドに(笑)

宮誠二先生 宮誠二先生

新規患者さんのリピートが増えました。 既存患者さんからの紹介も増えてきました。


神藤英明先生 神藤英明先生

以前より、患者さんとお悩みの症状改善を、症状の改善といった観点だけでなく、状態の変化といった点を共有する(ビフォーアフターを確認してもらう)ことで、患者さんが以前よりリピートしてくれるようになってきた。

古田島友峰
先生
古田島友峰先生

技術力が上がった事により、患者様の身体の改善が更に良くなった。 お客様のリピート率に悩んでたが、リピート率が上がった。 様々な問題に悩んでいたが、話し合える仲間に出会えた。


凄腕治療家養成プログラムメディア実績

セミナー
セミナー写真
雑誌掲載
雑誌掲載画像
新聞掲載
新聞掲載画像
協会参加者の声
卯城博章先生上原哲也先生

凄腕治療家養成プログラムでは治せない×リピートしない×売上が上がらないそんな悩みをオールインワンで解決します 凄腕治療家養成プログラムでは治せない×リピートしない×売上が上がらないそんな悩みをオールインワンで解決します

治しているのに繁盛してしまう “魔法のような技術”の秘密治しているのに繁盛してしまう “魔法のような技術”の秘密
今すぐ無料で視聴する

治せない・リピートしない・売上が上がらない治療院
治せて患者さんがいつも絶えない繁盛治療院とはどんなものでしょう?

現在、日本には10万人以上の治療家がいます。
しかし、その中で成功している治療家はほんのわずか。
世の中にある整骨院・整体院・鍼灸院のほとんどは余裕のない経営をしています。

では、成功している治療家と成功していない治療家
その違いは何なのでしょうか?

「腕が違う!」
「経験が違う!」

残念!それは違います。
事実、治せる技術を持っているのに
繁盛していない治療院は沢山あります。

では一体何が違うのでしょうか?
実は技術は技術でも、自然と患者さんが通う繁盛店には
治せる技術とは違った技術が必要なのです。

繁盛させている凄腕治療家は共通してある技術を持っていた

凄腕の治療家が共通して持っている4つのスキル
お客様に合わせた治す技術を提供する お客様に合わせた治す技術を提供する イメージ写真

多くの治療家は自分の技術に患者さん状態を当てはめています。

「俺がやっている技術はこうだから仕方ない」
「この手技は一発で症状を治すことができるんだ」
「この手技でダメなら別の手技をまた見つける」

このように、多くの治療家は手技を軸にして逃げています。
本当は「痛がっているのに本当にこれでいいのかな、、、」
と心に不安を抱えながら。

なぜ、この様に
”患者様を技術にはめ込んでしまう”
のでしょうか?

その理由は、患者さんの身体をチェックする診断技術レベルが低いから。
残念ながら、多くの整体スクールやセミナーでは
原因を追求するような診断技術をしっかりと教えてくれません。

あなたは「診断技術を嫌なほど練習した!」と胸を張れますか?
ほとんどのスクールや技術セミナーは症状にフォーカスをした
技術練習に多くの時間を割いて教えています。

でも、、、

技術効果を簡単に高めるコツ

治療家は一生懸命、矯正や調整の技術の練習をします。

「どのように動かせばうまくいくのか?強さは?方向は?」
「この症状の時には、この手技を使えば治せる」

など、、、

残念ながらこのような練習をしていては
いつまでたっても結果を出すことはできません。

凄腕治療家の視点はこうでした。

その場で治してしまう凄腕の先生が、
実際に行っている施術効果を簡単に高めるコツは

「どのように施術するか」ではなく
「どこを施術するか」だったのです。

考えてみれば当然だと思いますが、、、
腰痛の原因が骨盤だったとします。
しかし、患者さんは腰が痛いと言ってきます。

その場合は、一生懸命、腰を調整しても良くはなりませんよね。
当然、この場合は骨盤を調整することで腰痛は緩和します。
この例では簡単ですが、例えば、、、

手首が原因で腰痛を起こしていたら?あなたはどこを治療しますか? イメージ写真

手首が原因で腰痛を起こしていても
患者さんは腰痛を訴えてきます。

あなたは腰痛の原因を手首だと自信を持って診断する技術を
持っていますか?
凄腕の治療家は、この診断力が優れているのです。
意外と治す技術はあなたの方が優れているかもしれません。

凄腕の治療家は、治す技術よりも、
どこを調整するかの判断が長けています。

その場で100%体感できるビフォーアフタースキルその場で100%体感できるビフォーアフタースキル

凄腕の治療家は2つの技術を持っています。

1、症状を改善させるための技術。2、患者さんに変化を魅せる技術

この2つです。
繁盛させている凄腕の治療家と、
治療でも経営的でも苦しんでいる治療家の圧倒的な違いは、
患者さんに変化を魅せつける技術です。

「起き上がってみてください。症状はどうですか?」

あなたは自信を持って患者さんに聞くことができますか?
ほとんどの治療家は怖くて聞くことがないと答えます、

凄腕の治療家が使っている「最強のトリック術」イメージ写真

実のところ、ゴッドハンドや一流といわれる凄腕治療家でも 一度ですべての症状を消しさることは不可能です。

しかし、多くの患者さんは「先生のお陰で良くなりました!」
と言い自然と次回予約を取って帰ります。

それにはある人間の心理トリックがあったのです。
この心理トリックを使うことで治せて、繁盛できる治療院へと
変化させることができます。

人間は数多くの証拠を提示されると真実だと思い込んでしまう。
という心理があります。
想像してみてください・・・

黙々と施術をして「はい、終わりです。いかがですか?」 と、言われるのと、

イメージ写真

「ここが柔らかくなりましたが、痛みはどうですか?」
「ここさっきより押された痛みどうですか?」
「さっきはここが動かなかったですよね。今はだいぶ変わりましたね。」

この様に施術をされたあとに、
「はい、終わりです。いかがですか?」と言われるのとは
同じ施術でも全く違ったものに感じるはずです。

ほとんどの治療家は分かっていてもこれができません。
その理由は、患者さんに「分かりません」「でもまだ・・・」 と言われるのが怖いから。

凄腕の治療家は「分かりません」と言われない
魔法のテクニックを持っているのです。

その場で100%変化を生み出す魔法のテクニック イメージ写真

患者さんは症状に強くフォーカスしています。
肩こりで来院していれば肩に、、、
腰痛であれば腰にフォーカスするように。

施術をして、痛みレベルが10~7まで改善しても
「まだ痛い」と言われればお終いです。

患者さんによっては、痛みのレベルが10から2になっても
「まだ痛い」と言う人もいます。

だから、痛み以外でもしっかり変化をしていることを
患者さんに理解してもわなければいけないのです。

凄腕の治療家は患者さんの身体を変化させ
その変化をしっかりと認識させるテクニックを持っているのです。

患者様が理解していない部分まで引き出す検査術 患者様が理解していない部分まで引き出す検査術 イメージ写真

凄腕の治療家は患者さんからの情報収集能力に長けています。
だから、患者さんが気付いていない問題を明確にして
その場で解決させることができます。

その結果、患者さんは「魔法の手みたい!」と感動して
あなたの大ファンに変化していくわけです。

そこで必要なのが、原因を最短で見つける検査スキルです。

問診票を見るだけで検査をすること無く
「じゃあ、うつ伏せで。」
こんな治療家が多いように思います。

このような治療院の共通点はシンプルで、
上手くいっていないという事実があります。

なぜ、患者さんから情報を引き出すことが臨床では重要なのでしょうか? イメージ写真

例えば、あなたの車がブレーキトラブルを起こしたとしましょう。

車屋さんに行って修理をしてもらいました。
ブレーキは完璧に直りました。
しかし、車屋さんから帰る途中にエンスト。
動かなくなってしまいました。

さてそんな時、あなたならどう思うでしょうか?

「何やってんだ!?あの車屋!!」
「プロなんだからちゃんと他も見てくれよ!」
きっとこう思うはず。

でも、車屋さんはあなたが言ったブレーキは完璧に直したのです。
果たして、車屋さんが悪いと言えるでしょうか?

これは施術家にも言えると思いませんか?

もし事前に、情報を仕入れてエンジントラブルも解決してくれたとしたら
お客様はどれだけ助かるでしょうか?

全てのカギは事前の情報収集にあった イメージ写真

一般的なスクールやセミナーでは、
原因を見つける為の検査法を教えてくれませんよね。だから、、、
プロの治療家なのに患者さんが言う症状にしか対応できないのです。

凄腕の治療家は検査技術とそれに紐付いたヒアリングスキルに長けているからこそ、
結果をバンバン出すことが出来るのです。

お客様をコントロールする施術スキルお客様をコントロールする施術スキル

凄腕の治療家は患者さんを高確率でコントロールする施術の成功パターンを持っています。 実はそのパターンはほぼ1つのみ。

・この症状にはこのやり方・この患者さんにはこうした方がいい・この手技とこの手技を使えば大丈夫・この症状にはこのやり方・この患者さんにはこうした方がいい・この手技とこの手技を使えば大丈夫

凄腕の治療家はこうしたことは一切考えません。
1つのパターンを毎回飽きること無く使い続けているのです。

ですから、この1つのパターンだけをマスターすれば、
あなたも治せる凄腕治療家の仲間入り
です。

患者さんを意のままにコントロールする魔法のテクニック イメージ写真

患者さんをコントロールする施術スキルはツールとして
凄腕の治療家が持っているケースがほとんどです。

例えば、リーフレットや施術説明ツール、院内POPなどです。

これらのツールを駆使し、患者さん自身が
進んで通いたくなる様にコントロールしていきます。

それに対し、、、

一般的な施術者は患者さんによってやる事がバラバラ。
だから、人により施術時間も変わってしまい
他の患者さんからクレームを受けることも・・・。

凄腕の治療家はパターンを確率しているので、
時間や結果を毎回しっかりと出すことによって
患者さんをがっちりファンにして離さないです。

この4つのスキルをマスターして、繁盛治療院の凄腕治療家になりませんか?

凄腕治療家養成プログラムで4つのスキルを手に入れた先生の声

小田切麻合 先生

何よりも 自分に自信がつきました

治療家たまご塾主宰 城西整骨院  小田切麻合 先生 

今までは、もちろん。症状を来る方に対して症状を改善させるということを目的としていたのですが。自分の中でどこまで明確にしていいかということがわからなかったのです。 この疲労回復協会の整体法をやってみると、こうやって変化させればいいんだという明確な指標があるので、それをやって患者様に見ていただくということで、これでやって行けばいいんだなという、何よりも自分の自信につながりました。 変化がわかりやすくなったのと、何よりも自分がやっていて仕事が楽しくなりました!

奈良部智則 先生

患者さんと施術者で効果を共有出来るので、
話が早い

あきる野 和み治療院 奈良部智則 先生

熊谷先生の治療を見て、治療家としての興味本位があったんですね。 そういった施術が出来たらすごいな、どういったカラクリになっているのかな?と思って興味本位から入ったんですけど、実際に入会したら、ちゃんとした理論に基づての施術なので、やっていくうちにどんどん「あ、そうなのかそうなのか」と発見外多かったですね。 私の技術はまだ完璧ではないのですが、患者さんと効果が共有できるというので、すごい話が早いですね。 ずっと痛み止めを飲まないといけない患者さんが、1週間薬を飲まなくて良くなったと、そういったことを言ってくださいました。

神宮寺太 先生

一本の指で体を変えてしまう

神宮寺鍼灸接骨院 神宮寺太 先生

熊谷先生のデモンストレーションで、たとえば1本の指で体を変えてしまうというとか、効果的にはすごいと思います。 即効性があるというのと実感があるというので、患者さんには好評ですね。 口コミも、患者さんが患者さんを呼んでというのが連鎖的に実際起こっていっています。 接骨院とかで治療を行っている方は、保険の限界ということもありますし、これから何かをやってみたいという方に疲労回復協会をお勧めしたいですね。

イメージ写真

今は80%この技術を使っています

幸手整体院 やわらぎ 齋藤博子 先生

お客様にも、ビフォーアフターを見せられるので、それでみんなが「お~~っ!!」と言ったり 「えー、これだけで!?」と言ったり、反響があります。 今まで(患者さんが)楽になったということはあるけど、ここが変化したというか、単関節的な変化を見せられることがなかったので、そのへんは違うと思います。 変化がわかりやすくなったのと、何よりも自分がやっていて仕事が楽しくなりました!

凄腕治療家養成プログラムとは

イメージ写真

2012年11月、熊谷剛により一般社団法人疲労回復協会は発足しました。
この協会では、疲労回復整体の技術をセミナー形式でお伝えする『凄腕治療家養成プログラム』を開催、運営しています。

疲労回復整体〜凄腕治療家養成プログラム〜では
「最速で治せる凄腕治療家になるための技術」
これを徹底して伝えています

先ほどお伝えした通り、凄腕の治療家は4つのテクニックを持っています。
疲労回復整体〜凄腕治療家養成プログラム〜では、この4つのテクニックをお伝えします。

ですから、参加者の多くが疲労回復整体〜凄腕治療家養成プログラム〜に参加しながら、
治療院も自然と繁盛させてしまいます。

凄腕治療家養成プログラム成功する3つの秘密凄腕治療家養成プログラム成功する3つの秘密

凄腕治療家養成プログラム理論の特徴

イメージ写真

「症状が消えたら来院しなくなる」

来院される患者さんのほとんどがこうしたケースだと思います。
しかし、これは当然の事でしょうか?

治療家は患者さんを治したいと思っています。
同時に、患者さんをリピートさせたいと言います。

ここに矛盾がある事にお気づきでしょうか?

一般の整体では 「治る=来院しない」

この考え方が普通だと思います。
この考え方では実は患者さんはリピートしません。

その原因は、施術のゴールが「症状の改善」になってしまっているからです。
当然、治ったら来院する理由がなくなりますからリピートはしてもらえません。

なぜ、凄腕治療家養成プログラムの技術は完治しても患者さんが通い続けるのか?

イメージ写真

ここがポイントです。
疲労回復整体の技術は症状の改善をゴールとしていません。

ゴールはあくまで疲労の回復。疲労を回復させやすい状態にしてあげること。
患者さんが抱える症状は勝手に改善すると考えているのです。

疲労は当然、生きていれば溜まります。
だから、生きている間は通い続ける理由があるのです。

といっても、勘違いしてほしくないでください。
「何がなんでもリピートさせる」わけではありません。

もちろん、治療院からの卒業も患者様に指定する場合もあります。

全ては患者様が中心です。ただし、患者様は素人です。
身体のことに関しては私たちがプロ。
しっかりとプロの目線で対応できるように学科でも勉強をしています。

理論その1症状発生のメカニズム

メカニズムメカニズム

患者さんは、このステップを踏んで体に症状を引き起こします。
そして、5の負荷が最大になり表面に症状が出てから来院します。
このことをベースにして施術を組み立てていきます。

理論その2効率の良い施術の順番

ステップ

理論その3症状を治すための考え方と順番

考え方と順番考え方と順番

この考え方が最重要!
その考え方を土台に症状を治すための次のような順番で施術を行います。

アプローチアプローチ

重要なのは、結果的な症状ではありません。
原因を絞り込むことです。施術以上に検査を重要視しています。

この3つの理論があるからこそ、
患者さんをその場で変化させることができます。
そして、魅せるスキルと組み合わせることで
患者さんも納得して変化を体感し、
あなたの大ファンに変身します。

常識に縛られない非常識なテクニック

イメージ写真

この業界には、現在数百種類以上の手技が存在しています。
そして、その多くは頚椎や骨盤にフォーカスしたテクニックです。

頚椎や骨盤へのアプローチは症状改善の第一歩としてはとても有効です。
しかし、もし本当の原因がもっと別のところにあったとしたら?
もし手首や足首に原因があったとしたらどうでしょう。

過去、人間の細胞数は60兆個だと言われていたのが
2013年イタリアの生物学者エヴァ・ビアンコニを筆頭著者とする
「人体の細胞数の推定」(An estimation of the number of cells in the human body)
という論文により人間の細胞数は人間の細胞は37兆2000億個だと、
定説は書き換えられたように、常識は新しい発見や進化の過程で変化していきます。

疲労回復整体では、常に最新の常識を伝えながら 技術セミナーを中心に患者さんを最も最短で治せる道を伝える その為の環境をご用意しています。

マスターへの道

疲労回復整体〜凄腕治療家養成プログラム〜は、4つのレベルで構成されています。
レベル毎に、対応する症状や必要な技術が変化していきます。

レベルレベル レベル0レベル0

ここではまず、治療家として必要になる手を作ります。ただ揉むのではなく、
ただ押すだけではない 。まるで「触れているだけ」なのに体を変化させる為の最も重要な土台です。

これを手に入れることで、レベル1以降のテクニックを使うだけで、患者さんに「魔法みたい」と驚かれる治療ができるようになります。

コアスキルセミナー ・・・ 治療家に必要な治せす為の手を作ります
支部研究会 ・・・ 疲労回復整体での学びをいつでも見直すことができます

レベル1レベル1

レベル1では疲労回復整体で最もベーシックなテクニックになります。治療理論と臨床でのテクニックの使い方を学びます。そのテクニックを全5回の技術セミナーで学ぶことで、一般症状であれば短時間で変化させることが可能になります。

レベル1のテクニックは、動脈系・自立神経系の調整と重力負荷系の調整から成り立ちます。これらを2つ調整することで、ソフトな施術でも幅広い症状に効果を発揮します。

  • 筋ポンプ編
  • ROM検査編
  • 骨盤調整「生理学的検査」編
  • 骨盤調整「筋膜・短下肢検査」編
  • ABCセラピー編
レベル2レベル2

レベル2セミナーでは、レベル1セミナーで行った内容を更に細かな部分にわたって検査し施術していく方法をマスターしていただきます。

より細かい検査法を学ぶことで、原因となる箇所へ直接的なアプローチを実現させる治療テクニックを学びます。

  • 生理学調整「四肢」編
  • 解剖学調整「TL」編
  • 解剖学調整「姿勢筋」編
レベル3レベル3

ABCテクニックはABCセラピーの上位テクニックで重力に対して負荷がかかってきている問題を解決していきます。このテクニックが出来たことによって、より簡単に、より早く結果が出せるようになりました。 このテクニックは治療家が苦労する、五十肩やヘルニアなどの重症疾患に対しても効果的で日々臨床で使われています。

KSテクニックは、解剖学的組織の損傷の調整に使われます。特に、怪我や手術痕など細胞が壊れてしまった症状に即効性を示します。このテクニックを覚えることで、どこに行っても治らなかった長年の悩みも、一度で解決してしまうケースも多く出てきます。

  • ABCテクニック
  • KSテクニック「脊柱」編
  • KSテクニック「四肢」編
  • KSテクニック「症状改善」編

他の整体技術と凄腕治療家養成プログラムの圧倒的な違い

イメージ写真

「どうやるか」ではなく「どこ」をやるかが成功の秘訣です。

一般的なテクニックセミナーやスクールではどのように操作するのか
という技術を教えてくれます。

しかし、こういった技術は実際の臨床では上手く活用できません。

手技はいわば、薬のようなものです。
薬は当然原因にあったものでなければ効果は出ません。
どれだけ効果の高い薬であっても、、、

私たちの技術は症状が改善することは当然ですが、
それ以上にどこがどうなって症状を引き起こしているのかを重要視しています。
ですから、疲労回復整体をマスターすると
他の技術も当然結果が出るようになります。

受講生の先生も現在使用している、
カイロプラクティック、オステオパシー、
リラクゼーション、鍼灸などと合わせて使っている先生も 全国に多くいらっしゃいます。

もちろん、保険診療との併用をされる治療家の先生も多数いらっしゃいます。
保険診療から自費診療へのきっかけとしても活用させれています。

凄腕治療家養成プログラムの効果

疲労回復整体は2つのカテゴリーにわかれています。
そのカテゴリーは、治すテクニックと魅せるテクニックです。
治すテクニックで、凄腕の治療家のスキルである1と2を。
魅せるテクニックで、3と4のスキルを身につけます。

治すテクニックと魅せるテクニック

この4つのスキルを身につけることで、
患者さんに満足してもらいながら
リピートに繋げることが意図的にできるようになります。

疲労回復整体で改善できる症状

・肩こり ・腰痛 ・頭痛 ・坐骨神経痛
・ぎっくり腰 ・だるさ ・むくみ 
・猫背
・冷え性・顔面神経麻痺 ・慢性鼻炎 ・膝痛 
・扁平足 ・ねちがえ 
・首の痛み 
・ストレートネック ・五十肩・顎関節症 
・外反母趾 ・生理不順 
・骨盤の歪み 
・顔の歪み ・不眠症 ・倦怠感 ・うつ症状 
など…

これらの症状は、全体の中の一部です。 事故の後遺症や手術による後遺症などの症例なども数多く上がっています。

一般社団法人「疲労回復協会」認定による会員制度で治療院経営も飛躍的向上

疲労回復整体〜凄腕治療家養成プログラム〜では、認定会員制度を設けています。
認定会員とは、レベル1セミナーとレベル2セミナーを受講し、
指定の試験をクリアすることで疲労回復整体〜凄腕治療家養成プログラム〜の運営元でもある、
疲労回復協協会より認定された先生のことをいいます。

認定されることにより、
疲労回復協会で提供する様々なツールを
使うことが出来るようになります。

また、認定されることにより下記の特典が受けられるようになります。

  1. 協会認定の資格発行
  2. 会員特典

    認定試験に合格すれば、マスターの証として認定会員登録が可能となります。認定会員として登録しますと「疲労回復協会公認整体師」として活動ができます。

    名刺やあなたのプロフィール、ブログやホームページなどに掲載もでき、新規患者獲得の際の大きな信用となります。

  3. 疲労回復協会認定院として登録
  4. 会員特典

    認定会員登録をすると、認定整体師の所属する治療院の名称入りの「疲労回復協会認定院」の賞状も発行されます。

    院内に掲示することはもちろん、ホームページやブログに「認定員」と告知できるのは、認定会員のみとなります。自院のブランディングアップに活用できます。

  5. 疲労回復協会HPにて、認定院、認定施術者を紹介
  6. 会員特典

    疲労回復協会認定会員はすでに全国に150名以上登録されています。 より、患者様の問題を解決することができる、確かな技術を持った認定会員を全国ネットで紹介をしています。

  7. ブランディングアップ資料
  8. 会員特典

    「一般社団法人 疲労回復協会」「疲労回復整体」は、雑誌、メディアなどから多くの取材依頼を受けます。

    例えば、今までのメディア掲載実績の一部をあげると…

    ・anan
    ・女性自身
    ・ひよこクラブ
    ・妊活
    ・ターザン

    その他雑誌掲載多数!!

  9. アスリート向けの認定院ブランディングも活用
  10. 会員特典

    一般社団法人疲労回復協会×一般社団法人アスリートエールによる 提携により整体業界×トップアスリート業界の社会貢献活動として 関わっていることをPRできます。

    ここに掲載した、メディア掲載や 社会貢献活動以外にも、この数はどんどん増えていきます。 なので、もし実績がゼロから始めた場合でも

    ・メディアに紹介されました
    ・本や雑誌でも紹介されているので安心です

    などのように、協会の事例や実績を全て活用する事ができます。

    新規獲得の際の信用度アップや初診時の説明がスムーズに行き、
    ラポール獲得の瞬間が圧倒的に早くなります。

  11. 整形外科医師の推薦状
  12. 会員特典

    様々な治療院がひしめく中、患者さんがあなたの院を選んでもらうためには、明確な証拠が必要になってきます。

    疲労回復整体は、整形外科医・朝長昭仁先生の推薦をいただいています。患者さんも施術者であるあなたも、安心して自信をもって施術を提供できます。

    ※推薦状使用権利は別途申し込みが必要です

  13. 同業者からの推薦の声
  14. 会員特典

    もし、あなたはが患者さんだとしたら。 強豪相手の整体師が、ライバルの整体師の先生を推薦している、そんな治療院があったらどう思いますか?

    疲労回復協会では、会員の先生があなたを推薦する声を提供しています。それは、私たちは同じ志を持った仲間だからです。 ただ、その推薦の声を使うためには、あなたの声も提供していただくことが条件です。

    疲労回復協会の仲間がもっと助け合える活動に、あなたも貢献していただきたいのです

  15. 上位技術セミナー(疲労回復整体 レベル3)受講資格
  16. 会員特典

    技術には終わりはありません。臨床で使われる技術は一生磨いていくものです。難治であったり原因不明の症状だったりと様々な患者さんのニーズに応えていく、治療家としての使命のようなものです。

    そして、疲労回復協会でも一生涯にわたり磨く価値のある技術を提供しています。上位技術セミナーは、その参加は習得の難しさから、疲労回復整体の基礎をマスターした認定会員の先生のみ参加ができるようになります。

  17. 研究会・治療大会参加資格
  18. 会員特典

    会長熊谷が主催する研究会・治療大会に特別参加ができるのは、認定会員の先生のみです。 直接、施術の感覚を学ぶことができる機会をぜひ活かしてください。

  19. 疲労回復整体 導入プログラム
  20. 会員特典

    せっかく疲労回復整体をマスターして頂いても、治療院のメニューに落とし込めなければ意味がありません。疲労回復協会認定会員になると、疲労回復整体の技術を更に活用する為のコンテンツを全て使用することができます。

    この、ABC疲労回復整体導入プログラムは、学んだ技術をいかに院経営に落としこむかということを、そのやり方とツールを全てパッケージにしてお送りいたします。

導入プログラムの一部をご紹介すると・・・

  1. 導入プログラムDVD
  2. 導入プログラム

    ・疲労回復整体の導入パターン(売り方)

    ・保険、自費、定期券、新メニュー、アップセル、クロスセル、

    ・売り上げを最大限にする為の金額設定法

    ・リピート率を飛躍的にアップさせる疲労回復整体の説明法

    ・新規患者を呼び込む為のブランディング活用法

    ・売り上げを上げる為の「ニュースレター」効果的な利用法

    ・認定書

    ・小冊子

    ・教育DMで経営を安定させる方法

  3. 毎月のニュースレターテンプレート
  4. 導入プログラム

    「患者さん向けにオリジナルのニュースレターを作りたいとは思ってる…けど‥」 「でも、それを作る時間もない…」 「業者に頼むと、高くつくしなぁ…」 そんな悩みを解消するために、疲労回復協会でニュースレターテンプレートを作りました。

    簡単な挨拶文とあなたの写真、プロフィールがあれば、誰でも簡単に作れます。それが、毎月新しい内容のものを更新してお届けいたします。

    ※Wordで編集可能。そのままお使い頂けます。

  5. 患者さんが喜んで来院したくなる小冊子
  6. 導入プログラム

    患者さんからの 「自宅ではどんなことに気をつけたらいいの?」 「次はいつ頃来れば、良いの?」 「いつまで通えばいいの?」 これらの疑問を、すべてマンガの小冊子で解説しています。

    待合室はもちろん、患者さまにプレゼントすることで、自宅でもあなたのアドバイスを振り返ってもらうことができます。

  7. リピート率が格段に上がるDMテンプレート
  8. 導入プログラム

    患者さんが来院しない一番の原因は「忘れている」ことです。忘却防止には、接触頻度を上げることが大切、それをこのDMが解決します。ニュースレターと同じように、テンプレートになっていますので、あとはあなたの写真を用意するだけでOKです 。

    疲労回復整体〜凄腕治療家養成プログラム〜を主催する疲労回復協会についてもお伝えしました。 疲労回復協会は、現在全国に600名以上の会員様が在籍し メディアや多数のコンサルタント様からの信頼もあります。

    そうした、社会性に信頼と実績のある社団法人があるからこそ、 治療院経営においても、安心と信頼を得ることができます。

認定会員の先生の声

イメージ写真

認定会員 中村 直人先生

(KSテクニックセミナーは)ベーシック・アドバンスがとれていることが条件になってくる手技なので、改めて基礎の大切さが分かりました。下腿だけでしたが、KSポンプを行って柔らかさが全然違ったことが印象的で、深い肩こり・腰痛などで解剖学的な問題を抱えている患者さんに対して活用できると思います!明日から1人でも多くの患者さんをもっと良くできるのが楽しみ!50,000円分の価値あるのでぜひ受けましょう!!

イメージ写真

認定会員 坂齊 貞之先生

期待していた通り、実り有る内容(帰ってすぐに使える)でした。 手ブロックがほぼ不要(Cブロック以外)なCセラピーには驚きました。 同時に精度がこれほど大切に思えたのも、今回の上級ティッシュプルで気付かされ、 支部研究会に出る重要性を実感できました。 時短を意識しはじめた先生には(ABCテクニックは)お勧めのセミナーです!

イメージ写真

さくら通り整骨院 原 博 先生

患者さんに症状説明をする際の指針となるもの(ツール)を探していた。 初診の患者さんに疲労・内臓疲労・循環低下・歪み・・・自然治癒力の低下などを説明後、検査、施術、再検査を行い、会計時にプレゼント‼︎説明した事が分かりやすく書いてあるので目をとうして下さいと・・・理解できると治癒力がグンとアップしますよと伝えてお渡ししています。 非常にわかりやすくまとまっているので大変助かってます。 しっかり読んで理解してくれた方は(笑) 症状改善の道のおかげで、食事・睡眠・運動がとても大事だったり、内臓疲労・自然治癒力など簡単に説明出来るようになり患者さんにしっかりと自院での治療方針が伝えられるようになったと思います。感謝・感謝です‼︎

イメージ写真

調布からだメンテ整体院 長沢幸人先生

リピート対策になると聞いて(症状改善への道を)購入しました。 初回施術後、患者様がお帰りになる時にお渡ししています。 渡すだけで説明が出来るのでラクだし、説明漏れがないのが助かります。

イメージ写真

巡り整体院 高橋教文先生

患者教育に便利だと聞いたため購入しました。 初診の患者さんにお土産として「これを読んでいただけると当院の治療方針や体の事もより理解できます」といって渡しています。 開院以来使っているので比較は出来ませんが、説明しきれな部分も補足してくれるので助かります。 最後にあるメモ欄は使ったことがないのですが、他の先生はどう活用しているのかも知りたいです。

イメージ写真

バランスセンター整体らくしょう 齊藤 寿拡 先生

患者さんの症状改善の為に、疲労回復整体の考え方を分かりやすく伝えたいので、使用しています。 主に施術後、「痛みの治る目安」と「好転反応とは」の部分は、分かりやすいので必ず読んであげています。 体のゆがみ についてや、体の循環についても説明する時があります。 私自身の拙い言葉の説明だけよりも、絵や文字によりお互いの安心感と理解力が増していると思います。 大変、重宝しております。 当初は、この冊子を扱いたいが為に認定会員になった!と言っても過言ではございません。

疲労回復整体〜凄腕治療家養成プログラム〜では、これらを全てパッケージにして提供しています。 あなたが、参加して技術を学んで終わるのではなく、 凄腕の治療家として患者さんに選ばれる為のサポートも行います。

学んだことをいつでも見直すことができる【自宅学習システム】

治療テクニックは、一度学んでも臨床で結果を出すまでには、実技の反復が欠かせません。 しかし、セミナーで学びその時はわかっても、翌日の臨床に戻ると意外と忘れてしまっているものです。そこで、疲労回復整体のセミナー内容を何度でも見直すための自宅学習システムをご用意しました。

各セミナーの予習復習を自宅でいつでも、何度でも見直すことができます

疲労回復整体〜凄腕治療家養成プログラム〜を主催する疲労回復協会の会長である熊谷剛が疲労回復整体の技術に関する質問に動画で回答をしています。1人が悩むことは、皆が悩むことと考え、寄せられた質問に対して動画で詳細に回答をしています。

これまでに延べ10,000人以上の治療家にテクニックを伝えてきた熊谷剛が一般公開してこなかったシークレットセミナーを全て見ることができます。 凄腕治療家プログラムでの学びをより臨床で活かす方法などをいつでも閲覧できます。

疲労回復整体〜凄腕治療家養成プログラム〜が毎月二回配信する疲労回復協会(疲労回復整体〜凄腕治療家養成プログラム〜運営元) の技術上達セミナー動画をいつでも何度でも閲覧することができます。

凄腕治療家養成プログラムの技術セミナーについて

疲労回復整体〜凄腕治療家養成プログラム〜が主催するセミナーは全国6都市で開催しています。 会場は下記の通りです。

協会に参加された場合は、お好きな会場にて技術セミナーへ参加することができます。 技術セミナーは、各会場で毎週日曜日に行われています。 参加方法は会員サイトから、いつでもお申し込みいただくことができます。

参加費について

凄腕治療家養成プログラムへ参加されている先生の声
イメージ写真

技術も理論も両方わかりやすいです

畝傍カイロプラクティック 坂田英輝先生

想い賛同したというのが一番ですね、(熊谷)先生の想いに賛同して参加させていただいています。 技術も理論もわかりやすいですね、今までやってきた治療と全然違うことがなくて取り入れやすかったですね。 それと、楽しいです。同じ思いの仲間の先生がいるので、その仲間作りができるということが大きいと思います。

イメージ写真

長い時間をかけないで、少しずつですが効果が出る様になった

M.A.K.鍼灸整骨院 増田 一三先生

運動選手をみていることが多いので、「疲労回復」と聞いて、そういう人のケアを早くできるようになれたらいいなと思って入りました。 長い時間をかけないで、少しづつですけれども早く効果を出せるようになって来たかなとおもいます (患者さんには)前に比べてソフトな刺激なんだけれども、楽になったと言われますね。 これからもっと自分の技術を磨いて、もっと売上を上げたいなとか、上を目指せる技術を提供しているところなんじゃないかなと思います。

イメージ写真

その場で効果が出るので、信頼されやすいです

まだまだ知らない世界があるんだなと思いました。 実際、その場で効果が出せるので、信頼されやすいと言えると思います。 今までの技術と全く違いますね。 刺激的には少ないのですが、その場で効果が出せる、(患者さんに)喜ばれていますね

イメージ写真

20代〜80代の9・10割の患者さん達に、ビフォーアフターの変化が見せられる

癒し空間ナチュラル 大塚唯夫 先生

ブロックですね、実際店で20~80代の方にやっているのですが、ほぼ9割以上10割近くの方にビフォーアフターが出ているので、すごいなと、患者さんも私もびっくりする感じですね。 おかげさまで、疲労回復協会に入って売り上げが上がりましたね。 お店の売り上げが伸びなやんでいる方にオススメの教会です。

イメージ写真

教わった事を次の日にすぐ試せる

くじら堂鍼灸整骨院 早川智也 先生

見た目は簡単そうに見えるのですけど、奥深いので、まだまだ練習していかなければならないと思います。 (技術は)一回一回丁寧に教わりますし、教わったことを実際そ次の日に使えるので、すごいためになります。 実費の治療で、時間短縮して単価を上げていきたいという目的があってセミナーに参加させていただいたのですけれど、実際に売り上げの方に反映できているので、素晴らしいと思います。

イメージ写真

一瞬で体がどんどん変わっていく

渋谷カイロプラクティック整体院 春日洋志 先生

熊谷先生に実際治療していただいたのですが本当に、一瞬で体が変わっていくのがびっくりしました。肩をあげるのに痛かったのが、スムーズに回ったりとか。 どんな方が来ても対応ができる汎用性のある技術を学びたいと思ったのですけれど、それにぴったりだと思います。

イメージ写真

やりたい 、やれるようになりたいと思って入会しました

はじめに熊谷先生のDVDを見て、すごいな、やってみたい、やりたい、やれるようになりたいと思って入会しました。技術は、難しいです、難しいですけど、患者さんの結果が出ちゃうので、すごいですよね。 患者さんにびっくりされますよね、「何したの?」と言われますね。 治療の技術の幅を広げたい人にはいいんじゃないかなと思います。 やっぱり患者さんを治す手持ちの武器が増えるじゃないですか、それを増やしていきたいと思いますね。

イメージ写真

短時間で結果が出るのでビックリ

三玄堂 村松剛 先生

すごく短時間で結果がでるので、患者さんも楽ですしこっちも体力的にも楽ですから、より多くの人にしっかりといい施術を提供できるようになったなと思います。 お客さんには不思議だと言われますね「短時間で変化が出るのがビックリ」といった感じです。患者さんに実感をしてもらえるので、次いつ来たらいいかとお客さんから聞いてくるので、そこが大きいですね。

イメージ写真

すごい、不思議

一つの理想の形、思い描いている形の手技だったので、これが習えるんだと思い入会しました。 患者さんからは「すごい」とか「不思議」とか言われますね。だいたい、患者さんが施術を受けているときは、だいたい皆さん不安な顔なんですね。説明していても、これで本当に治るのかと。で、結果を見ると、だいたい驚いてくださいますね。 (リピートも)すごい増えました。もともとリラクゼーションタイプだったのでリピート回数も多くなかったのですが、今はリピート率が上がっていますね。

イメージ写真

触れているだけで全部よくなってしまう…

普通だったら、マッサージしたりとか骨を動かしたりして変化をさせていくのですけれど、触れているだけで全部良くなってしまう、「あれは何をやっているんだろう」と思って入会しました。 (実際に習ってみて)私は訪問診療をやっているのですが、そういう患者さんでも、可動域が広がったり少し動きが良くなったりしてます。やはり、体が弱っている人に対して、特に強く押せない方に対して、疲労回復協会の技術は自分の中では大きいものになっていますね。

イメージ写真

非常に腑に落ちて自信をもって患者さんに説明できる

認定会員 三輪 隆之先生

かつては整体の理論に対してモヤモヤしていた部分があったが、 疲労回復整体の理論は非常に腑に落ちて自信をもって患者さんに説明できるようになりました。

イメージ写真

スタッフでも簡単に、自分のやりたかったやりがいを感じながら自費移行出来る

認定会員  岡田 修司先生

一番は自費移行する上での技術を教えてもらえたことです。 院長だけが自費を取りスタッフが出来ない事が多いのですが、 疲労回復協会で学ぶ事によりスタッフでも簡単に、自分のやりたかったやりがいを感じながら自費移行出来る事だと思います。 他院の先生もセミナーに多く来られているので院長の本音の悩みなどが聞け、スタッフとしての立場が再認識出来ます。 協会に入られてる先生は優しい方ばかりなので、色んな事を教えてもらい自院に吸収でき、スタッフとしての自分の価値が本当に上がると思います。

イメージ写真

全国の先生方の報告を共有できるのでとても参考になります

認定会員 辻本 真里先生

教材も含めてですが、 トータルで相談にのってくださる先生方や同期の方たちがいて、相談しやすいのでちょっとした悩み事もすぐに解消することができました。 リアルタイムでフェイスブックなどで全国の先生方の報告を共有できるのでとても参考になりますし、 一人で経営していても仲間がいる安堵感があります。

凄腕治療家養成プログラムでは、これらを全てパッケージにして提供しています。 あなたが、参加して技術を学んで終わるのではなく、 凄腕の治療家として患者さんに選ばれる為のサポートも行います。

追 伸

患者さんが訴える症状の原因は、この数年間の間に劇的に変化してきました。
その理由は、パソコンやスマートフォンなどの普及にあります。

仮に、肩こりを主訴として患者様が来院したとしても、
症状を発生させている原因がどこにあるのか、的確に発見できなければ、
患者様はいつまで経っても症状を治すことはできません。

スマホの使いすぎによる母指に原因があるかもしれない。
目の酷使による目元に原因があるかもしれない。
普段の姿勢から肩こりという症状が発生しているかもしれない。
このように、原因はどこにあるのかわかりません。

もしかしたら、過去の事故の後遺症から生じている可能性もあります。
そうした深層にある原因を見つけられて、その場で改善させられる。
そんな凄腕の治療家を私たちはもっと増やしたいと思っています。

治療家という職業は、患者様にとっても、経営者様にとっても
双方にとって、とても素晴らしい職業の1つです。

患者様に「ありがとう」と言われながら自然とリピートしてもらう
結果、治療院は繁盛しながら、患者様は長期的な健康を手に入れられる。
あなたにも、そんな治療家の仲間になってほしい。
代表の熊谷を始め、講師、スタッフ一同その為のサポートを
精一杯させていただきます。

あなたからの疲労回復整体〜凄腕治療家養成プログラム〜へのご参加を心よりお待ちしております。

熊谷 剛

疲労回復協会会員 制度 利用規約
更新日:2017年2月19日

お客様(以下「甲」といいます)は、一般社団法人疲労回復協会(以下「乙」といいます)の疲労回復協会会員 制度(以下「本サービス」といいます)のご利用にあたり、本利用規約(以下「本利用規約」といいます)に同意したものとみなされます。以下の規約を、注意してお読みください。

第1条(契約の成立時期、期間)
1.乙は、甲が乙の指定した申し込みフォームより申し込みをし、乙指定の銀行口座に利用料を入金、もしくは乙指定のクレジット決済フォームより決済登録をしたと同時に本サービスを開始し、この時点で、本サービスの利用契約が成立するものとします。

第2条(契約期間途中の解約)
1.期間途中の解約の場合は、別紙「疲労回復協会会則」第6条(退会)の事項に則ります
2.第2条1項で指定した以外の解約の通知がない場合は、本契約は自動的に1ヶ月ずつ更新されるものとします。

第3条(会費、施術料金、事務手数料)
1.本サービスの利用料金は、以下のとおりとします。
1ヶ月目
入 会 金:無料
月 会 費:5,000円(税込・商品送料込み)
2ヶ月目以降
月 会 費:5,000円(税込・商品送料込み)

セミナー参加料金:10,000円~
セミナー料金はセミナー種類及び会員ランクによる割引適応により変動します。

第4条(支払方法)
1.甲は本サービスの利用料金を、以下の支払方法により、支払うものとします。
  入会金・月会費:クレジットカード決済、口座振替
  セミナー費:銀行振り込み
2.月会費は前月にクレジットによる決済、または口座振替による引き落としをするものとします。

第5条(契約者の氏名等の変更および地位の譲渡等)
1.甲は、甲の氏名、住所または居所に変更があった場合は、変更があった日から30日以内に乙へ申し出るものとします。
2.甲は、本サービスの一部または全部を第三者へ賃貸または譲渡できないものとします。

第6条(個人情報保護・免責事項・損害賠償・その他)
1.本サービスの個人情報保護・免責事項・損害賠償・その他の事項については、別紙「疲労回復協会会則」に則るものとします。

第7条(協議解決)
本規約の解釈に疑義が生じた場合、または本規約に定めのない事項については、甲及び乙は誠意をもって協議し、解決しなければなりません。

第8条(管轄裁判所)
本サービスの利用に関わる紛争については、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第9条(協議解決)
本規約の解釈に疑義が生じた場合、または本規約に定めのない事項については、甲及び乙は誠意をもって協議し、解決しなければなりません。

以上

般社団法人 疲労回復協会
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-8-13 第二萬寿金ビル5F

【連絡先】

疲労回復協会会則
平成24年11月1日 作成

会則はPDFでもご覧いただけます。【会則:PDF】

第1条(名称)
本会は「疲労回復協会」と称する。

第2条(会計)
疲労回復協会における事業収支は、一般社団法人疲労回復協会に帰属します。

第3条(目的)
1.本サービスの利用料金は、以下のとおりとします。
本会は、疲労回復の普及、啓発、振興に関する活動をおこない、もって健康増進に関連する
全ての産業の発展、向上に寄与することを目的として次の事業を行う。

(1)疲労回復のための調査研究
(2)疲労回復に関する情報の収集及び提供
(3)疲労回復のための技術・技能に関する研修
(4)疲労回復法を提供する会員の育成、資質の向上、経営力向上のための支援、助言、セミナー等の開催
(5)疲労回復効果を有する商品、サービス等の認定の実施

第4条(会員の構成)
本会は、次の会員により構成します。
(1)正会員 本会に入会した会員
(2)認定会員 本会に入会した正会員のうち一定の研修を受けた会員

第5条(入会)
会員となるには、本会所定の様式による申込みをしなければならない。

第6条(退会)
会員は、本会所定の様式により、いつでも退会の申出をすることができる。ただし、毎月20日を基準として、20日までに退会の申出があった場合には、翌月末の退会とし、20日を過ぎての退会の申出があった場合は、翌々月末の退会とします。

第7条(資格の喪失)
当会の会員が、次の各号の一に該当した場合には、本会は、会員資格を喪失します。
(1) 会費の支払いを2か月分以上を怠った場合
(2) 当会が行う事業を妨げ、または妨げようとした場合
(3) 当会が行う事業の利用について下記の不正の行為をした場合
   ①当会に許可なく、セミナー、講演等の音源・動画等を不正に使用した場合
  ②当会に許可なく、当会から提供されたすべてのツールを不正に使用した場合
  ③認定会員でない者が認定会員の称号を使用した場合
  ④当会及び一般社団法人疲労回復協会と類似する名称を使用し、類似の活動を行った場合
(4) 犯罪、その他当会の信用を失う行為をした場合
(5) 登録された住所や電話、電子メール等を通じて会員と連絡ができなくなった場合

第8条(会費等)
会員は、会員資格を保持するため正会員は月額5,000円・認定会員は月額10,000円(いずれも税込)を支払わなければならない。
すでに納入した会費は、退会や資格剥奪などのいかなる理由によっても返還しない。

第9条(会員の受益)
会員は、会員の種別において本会から下記のサービスの一部又は全部を受けることができる。
(1)Fax または e-mail による会員向け情報の受領
(2)本会が主催もしくは共催する研修会等のイベントへの優先参加
(3)その他本会が企画する様々な会員への情報・権利・特典

第10条(会員の権利)
会員が本会より得る権利は、会員が本会に所属する期間に限られ、これは 一切の他者に譲渡や相続できない。また会員を限定として提供される情報や文章、データ、映像、図式などの知的財産を本会の了解なしに他者に複写、譲渡、閲覧させることができない。

第11条(運営機関)
本会は、事業の円滑な推進や目的遂行のために下記の運営機関を置くことができる。
(1)本会運営方針を諮問する理事会とこれを代表する理事
(2)本会会務を助言する顧問
(3)本会事業を助言指導する委員
(4)本会運営を務める事務局とこれを代表する事務局長

第12条(個人情報)
本会の入会手続きや各種活動を通じて本会及び本会の指定する団体が知りえた会員の個人情報についてはその取扱いを注意するとともに、本会の目的に準拠した利用を基本とする。
ただし、本会の活動に有益であると認められた場合は、本会及び本会の指定する団体の公正な判断に基づきこれらの個人情報を第三者に供与できる。

第13条(会則の変更)
本会の会則は、一般社団法人疲労回復協会や本会の運営機関の助言を参考にしながら、本会の公正な判断によって、一部またはすべてを改定することができる。

第14条(免責事項及び損害賠償)
1.会員が本会の活動を通じて第三者に与えた損害について、本会ならびに本会の指定する団体は一切の賠償責任を負わないものとする。
2.やむを得ない理由により、第 9 条(会員の受益)を実現できなかった場合、本会と本会の指定する団体は会員に対して賠償責任を負わないものとする。
3.本会事業によって会員に何らかの損害を与えた場合、本会が当該会員に負う賠償責任は、最大でも会員が当該年度に支払った年会費相当額とする。
4.第9条で定める本会が提供するサービス及び認定会員の称号は、会員の売上及び集客を保証するものではないとし、本会は会員に対して賠償責任を負わないものとする。
5.第7条1項(2),(3)に定めた事項により、本会に損害が生じた場合は、会員に対し損害賠償を請求することができる。

第15条(本会の終了)
本会は、一般社団法人疲労回復協会や本会の運営機関の助言を参考にしながら本会の公正な判断によって、会員への 3 ヵ月の事前告知をもって、本会の活動の終了や本会の解散を決定することができる。

第16条(その他)
本会則で規定されていない事項については、本会の運営機関の助言を参考にしながらその都度本会の公正な判断によって進めるものとする。

第 17 条(附則)
本会則は、2012年11月1日より施行する。